2011年12月19日月曜日

思い出のクリスマスを特製ランチで。


懐食みちばでは、本日12/19(月)〜12/25(日)期間限定の、クリスマス・ランチをご用意致しております!
料理長お手製のランチでおもてなし致しますので、特別な思い出に残るクリスマスに是非ともご利用ください。(その間のみ「もてなし膳」はクリスマス・ランチとなります)

クリスマスメニュー(ランチのみ期間限定) 6,300円
ご予約・お問い合わせはお早めに。
TEL : 03-5537-6300 

http://www.kaishoku-michiba.jp
http://www.facebook.com/KaishokuMichiba

2011年12月6日火曜日

美味しくなった鰤をお寿司でいかがですか

寒さも増してきて、このところ鰤が本当に美味しくなってきました。懐食みちばでは季節の魚を握り寿司にしてお楽しみいただけます。ぜひお試しください。

 

2011年11月10日木曜日

今年もあったかチーズ鍋をどうぞ


親父さん(道場六三郎)のもはや定番となったチーズ鍋。でもそのレシピはいつも同じじゃないんです。そのときの食材に合わせて味付けやとろ加減がいろいろと変化します。ちょっとさらっとしたものから、とろっとしてグラタンのようなものまで。それぞれにいろんな味わいがあります。どれも共通なのは優しくて暖かいことと、あんなにチーズを使っているのにしっかり「和」の料理になっていることでしょうか。道場流ですね。今月の懐コース(ディナー)でもチーズ鍋をおだししています。今回はチーズと豆乳を使ったあったかヘルシーな煮物。ぜひ、お試しください。

懐食みちば ホームページ
道場六三郎|道場旬皿 ホームページ

2011年9月7日水曜日

9月の昼席は夏と秋が出会う献立

おいしくなってきた追鰹、松茸など秋の香りと味を楽しみながら、夏の名残を楽しむ、透明なトマトのスープなど、季節の変わり目を存分に楽しむランチメニューになりました。
森川料理長の解説でどうぞ。

 

2011年5月18日水曜日

いい色のトマトの中にはとろっと美味しさが詰まってます。



とまと姿焼き。地鶏、チーズ、椎茸がは入っていて、割るとふわっといい香り。ちょっとほくほくしながら優しい酸味と甘み、旨味をたっぷりとお楽しみいただけます。
ランチでお出ししています。







2011年5月16日月曜日

懐かしさが広がるマスカルポーネ・チーズのお汁粉とトマトの蜂蜜レモン


今月のデザートはマスカルポーネ・チーズのやさしい甘さのお汁粉と、おいしいトマトに旬の新玉葱、蜂蜜、レモンを合わせたさわやかな一品をお楽しみいただいています。
マスカルポーネチーズはイタリアのクリームチーズ。酸味が少なくティラミスなどお菓子によく使われるチーズです。これに白あんを合わせてお汁粉に仕立てると、何も懐かしい味。子供のころ大好きだったあのソフトミルクキャンディの味を思い出させてくれる、ちょっと大人っぽさもある優しい甘さがご好評いただいてます。よもぎ麩などの具と紫蘇の実を添えて、道場流和のスイーツに仕上げました。食材は至ってシンプルですが、この食材の出会いを演出するアイデアとセンスが親父さん(道場六三郎)らしい一品です。

2011年4月6日水曜日

4月のランチはお花見の気分をお楽しみください

先月の震災で悲しいことやつらい事がたくさん起きました。銀座も少し元気がないムードになっていましたが、ここ最近はお客様の笑顔も戻ってきた感じです。下を向いているばっかりじゃ何も変わらないので、みんなでできる事を少しずつでもやって、元気な毎日を取り戻したいですね。懐食みちばもろくさん亭と一緒に震災への義援金を寄付する取り組みなどをやっています。東京も桜がほぼ満開。でも今年はお花見もできない方もたくさんいらっしゃるかと思って、ランチは「お花見の気分」をイメージでして作りました。白身のお魚もおいしくなる季節。少しでも楽しい気持ちを感じていただければと思います。


ランチの献立はこちらをご覧ください。
懐食みちば 2011年4月のランチメニュー

2011年3月19日土曜日

売り上げの一部を被災地・被災者の皆様へ寄付する取り組みを始めました。

「銀座ろくさん亭」「懐食みちば」では東北地方太平洋沖地震被災者への義援金として売り上げの一部を寄付することにしました。当初は営業の自粛も検討しました。でも微力ではありますが日本に笑顔が戻る日に向けて、私たち自身も何もせず停滞してしまうのではなく元気を出して、料理人としてできることから始めようと言う思いで営業を継続することにしました。停電や不安定な交通事情、食材も一部思うように入荷できないなど不自由なことがたくさんあって、献立も変更になってしまうと思います。また節電、省エネをしながらの営業となりますのでお客様にもご不便をお願いすることになることもあるかと思いますが、被災地、被災者のみなさまが元気を取り戻すために、ぜひいっしょにご協力いただければ幸いです。

銀座ろくさん亭、懐食みちばとも通常どおりの営業をいたします。
計画停電などの影響で営業時間は変更となる場合がございます。
食材によっては入手困難なものもあり、献立は変更となる場合がございます。

そのほか詳しくはお電話でお問い合わせ下さい。
銀座ろくさん亭 03-3571-1763
懐食みちば 03-5537-6300

2011年3月18日金曜日

東北地方太平洋沖地震につきまして 道場六三郎からのメッセージ

3月11日に発生した地震により、被災された方々とご家族のみなさまに、心よりお見舞い申し上げます。
一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます。



2011年2月3日木曜日

道場六三郎と森川料理長の工夫をこらした2月のランチ

お待たせしました。懐食みちば、2月のランチメニューです。
親父さん(道場六三郎)と森川料理長があれこれ考えて、体に優しい献立です。親父さんがいつも言ってる「粋に走りすぎない」「食材の本来の味」のことばのとおり、「母親的優しい和食」を感じさせてくれました。優しくやさしく炊き上げた白花豆は、豆がもともと持っている甘さを実感させてくれますし、道場流マッシュポテトもちょっと驚きの仕上がりです。
先日のNHKの特番で紹介された「骨まで愛して・エボ鯛の唐揚げ」も登場。ぜひ骨まで味わってみてください。

2月のランチです
骨までおいしいエボ鯛唐揚げ
サクサクと音まで楽しいです

2011年1月31日月曜日

2月の献立ができました。


2月の献立ができたので、お知らせです。
ぎりぎりまで親父さん(道場六三郎)も森川料理長も知恵を絞っていた様子です。
ランチのメニューもあれこれ試行錯誤のうえ、さっきできとの連絡が入ったばかり。まだちゃんと見ていませんが親父さんと森川料理長のアイデアと思いやりがたっぷり詰まった料理になっていることでしょう。とりあえず、夜の「懐コース」の献立を公開です。
道場旬皿」からは寒ブリがおいしい季節ですので、「〆鰤かぶら」や前菜の「赤ナマコ」が献立に入っています。「五種野菜ソース煮」も「道場旬皿」のトマト雑煮のアレンジですのでこの冬にぜひ御試しいただければと思います。(トマトソースをちょっといただきましたが、風味豊かな暖かみのあるソースでした〜)さらにあの「すっぽんタピオカ饅頭」もご用意するそうです。なんか盛りだくさんですね。お見逃しなく!

NHKの特番でも紹介された
フカヒレ茶碗蒸しは強肴(メイン)でお選びいただけます。
この機会にぜひ一度お楽しみください。

2月の懐コースです



2011年1月29日土曜日

2月のコースで「すっぽんタピオカ饅頭」をお楽しみくいただけます。

先日のNHKの特番放送以来、すっぽんタピオカ饅頭についてのいろいろな方からのお話を耳にするようになりました。そこで、この2月にあらためてたくさんの方にすっぽんタピオカ饅頭をお楽しみいただければと、ディナー「懐コース」の献立に入れることになりました。
この機会にぜひお試しください。
コースの詳細につきましては、決まり次第ホームページなどで公開いたします。

すっぽんの身をタピオカ包んであります。

2月の献立をイメージしながら築地へ

先日、親父さん(道場六三郎)とろくさん亭の宮永料理長、懐食みちばの森川料理長とで、2月のお店の献立と今度のイベントで作るメニューの食材を探しに築地市場に行ってきました。この日もカラッとした晴天で寒い朝でしたが、親父さんは元気元気。速いスピードで魚河岸の中をどんどん歩いて旬の食材を物色してました。
懐食みちばのランチの献立について、翌日も森川料理長と女性に優しい料理についてあれこれ打ち合わせをしていたので、どんな仕上がりになるのか楽しみです。
具体的な内容が決まり次第、またご報告したいと思います。


2011年1月28日金曜日

NHK特番「道場六三郎・80歳の挑戦」再放送。見逃した方はぜひ!

今年の1月3日、親父さん(道場六三郎)の誕生日にNHK教育で放送されたドキュメンタリー番組が再放送されます。
懐食みちで行われた記念イベントに向けてこれぞ道場和食と云える渾身の料理を創り上げていく姿がご覧いただけると思います。80歳になっても元気に、心のままに料理と向き合う普段の親父さんです。
ぜひご覧ください。

「道場六三郎・80歳の挑戦」
NHK教育/デジタル教育
2011年 1月29日(土)
午後4:00~午後5:00(60分)

番組の詳細
http://cgi4.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2011-01-29&ch=31&eid=23018

2011年1月3日月曜日

道場六三郎の止まない好奇心と新たな挑戦!「道場旬皿」


80歳を迎えた親父さん(道場六三郎)が、新たな挑戦を始めます。
「道場旬皿」
これまで歩んできた道の、その先にある新しい道場和食への挑戦です。
季節ごとに旬の食材と向き合い、ああおいしいという料理を追求します。

詳しくは道場旬皿ホームページをご覧ください。