2011年2月3日木曜日

道場六三郎と森川料理長の工夫をこらした2月のランチ

お待たせしました。懐食みちば、2月のランチメニューです。
親父さん(道場六三郎)と森川料理長があれこれ考えて、体に優しい献立です。親父さんがいつも言ってる「粋に走りすぎない」「食材の本来の味」のことばのとおり、「母親的優しい和食」を感じさせてくれました。優しくやさしく炊き上げた白花豆は、豆がもともと持っている甘さを実感させてくれますし、道場流マッシュポテトもちょっと驚きの仕上がりです。
先日のNHKの特番で紹介された「骨まで愛して・エボ鯛の唐揚げ」も登場。ぜひ骨まで味わってみてください。

2月のランチです
骨までおいしいエボ鯛唐揚げ
サクサクと音まで楽しいです

0 件のコメント:

コメントを投稿