2013年1月21日月曜日

大寒から立春へ。


店内の盆栽飾りが替わりました。
食材の旬も、日々移り変わります。
是非、盆栽と合わせてお楽しみください。

五葉松 樹齢 約60年

野梅 樹齢 約50年



解説
1月20日は二十四節気の大寒にあたります。
冬の最後の節気であり凍りつくような寒い日々が続きますが、あと2週間もすれば立春です。
生き物達は凍てつく中でも春の準備をしています。
松・竹・梅をもって歳寒三友といい、昨年のNHKの朝のドラマで少し話題に上がったようですが、中国宋代の文人思想が元で「清廉潔白・節操」という意があります。
梅は厳しい寒さの中でも凛として花を開き、ほのかな香りで春を告げます。
盆栽界の中では、古木の老たけた品格を持ち凛として花を咲かす姿は、花物盆栽の枠に留まらず盆栽の代表格として桜を凌ぐ人気があります。
笹は寒中にも色褪せず葉を縁取るように白が入った姿は風情があります。
松もまた常磐の緑と云うように、緑を絶やさず、不変の象徴とされています。
その中でもでも五葉松は「御用を待つ」と当て、お客様を招くには丁度善いものであります。
こうして松竹梅と三点飾ると清々しい心持ちになるものです。
少しずつ日も長くなり、梅の香りでもすれば、やがて春風に氷が解け始める季節になります。



株式会社 エスキューブ
銀座 雨竹庵

0 件のコメント:

コメントを投稿