2013年4月30日火曜日

季節の移り変わりをお楽しみください


店内の盆栽飾りが新しくなりました。
是非お楽しみください。
----------
欅(けやき)   樹齢約30年
小手毬(こでまり) 
檜(ひのき) 樹齢約40年

卯月も過ぎ五月五日になれば夏。
二十四節気の「立夏」になり、また、この日は端午の節句でもあります。
鯉幟を立てて菖蒲湯に入り、粽(ちまき)や柏餅を食べます。
菖蒲と「尚武」(武を尚ぶ)をかけて、男の子のお祝いの日とされています。
旧暦と新暦の差で菖蒲の花を楽しめるのは、ひと月先になりますが木々の枝葉は幼子の成長のように
勢い良く伸びています。
<欅>の新芽の成長も凄まじく、数日、目を離せば二、三節、先に伸び、木が二周りも大きくなったように見える程です。この時期の欅は出たばかりの薄葉で覆われ爽やかで生命力に溢れ眩いばかりです。
<小手毬>は名のごとく小さな手毬のような花姿が可愛らしく庭木や切り花としても人気の花ものです。
中国原産の帰化植物で江戸時代から親しまれ「鈴掛・すずかけ」の古名があります。
枝々に鈴なりに咲く姿は素晴らしいものです。
<檜>も芽が動き出し常緑ながらも新陳代謝して行く頃です。古くから材として重用された木で
日本書紀にも宮殿には檜を使いなさいと記されています。古から日本の風土に欠かせぬ木であったと云えます。澄みきった青空に鯉が泳ぐ姿は夏の到来を知らせる幟でもあります。
行く春、来る夏、人の世も植物達にも季節の移り変わりを楽しく見てとれます。

株式会社 エスキューブ
銀座 雨竹庵

0 件のコメント:

コメントを投稿