2013年7月9日火曜日

夏涼感じるひとときを


店内の盆栽飾りが新しくなりました。
大変な猛暑が続きますが、懐食みちばでは、店内で夏涼を感じる、
お料理とおもてなしで皆様を心待ちにしております。

--------
樹種 青枝垂れもみじ 樹齢 約35年
(おおみかいどう)
樹種 姫孟宗竹
樹種 真柏  樹齢 約25年

7月7日は二十四節気の「小暑」、そして七夕になります。
本来七夕は旧暦7月7日、現在の太陽暦であてはめると、8月初旬である初秋の行事です。
今は梅雨も明けきらず、曇りか雨。星空は望めず、彦星は織姫に会うことは叶わず…
旧暦の行事を単純に太陽暦の同じ日付に移すと、このようなずれが起こることが度々あります。
姫孟宗竹に願いをかけて短冊を飾る。七夕の行事も夏の行事になってしまいましたが、
短冊が小風でヒラヒラと舞う姿は涼を感じさせる意味では良いのかもしれません。

数あるモミジの中でも、葉に深く切れが入る青枝垂れもみじは、
涼やかに見えて暑中の飾りに最適です。
葉が薄く細いので、夏の熱射で葉焼けしないように、日蔭で管理することが肝心です。

高山の壁や山間の谷などの厳しい環境に生きる真柏、深山冷気まで一緒に飾るようで
これもまた夏涼を感じさせる飾りといえます。

小暑から大暑をはさみ立秋までが暑中です。
飾りも涼やかに見せることが望まれます。

株式会社 エスキューブ
銀座 雨竹庵

0 件のコメント:

コメントを投稿