2013年10月28日月曜日

店内の盆栽が新しくなりました。

樹種 紫式部     樹齢 約30年
樹種 秋草寄せ(野菊・紅ちがや・縞ススキなど)
樹種 真柏      樹齢 約35年

暦の上では10月23日は24節気の霜降にあたります。
朝夕は冷え込み朝露が降り始める。
秋気が去り冬の兆しが強くなるとされています。
秋の暮、ゆく秋を惜しむは今も同じ。
でも今年の天気は今も台風の報せに翻弄される
盆栽家にとっても苦労が多いものです。

真柏は険しい山峡に生きる樹です。
岩肌に必死に根を張り、風雪にも耐え、
折れて倒されてもそこから枝を出して生きる強靭な生命力のある樹です。
この度の台風などの被害に合われた方々が真柏のように
不屈に立ち上がっていけるよう祈ります。

秋は山の紅葉だけでなく、
野の草花にも色どりをもたらしてくれます。
紅ちがやは紅葉し、縞すすきとのコントラストは美しく、
野菊やりんどうが足元の秋を楽しませてくれます。

紫式部がきれいに色づきました。
秋の実ものの中でも、赤や黄色はよくありますが、
紫は他にないのでよく目立ちます。
野山に自生しますが、盆栽や園芸に使われているのは、
「コムラサキ」という別種ですが、
まとめて「紫式部」とすることが多いものです。
落葉後の実だけ残した姿はよりすばらしく、
美しいと言われる人気の樹種です。
紫式部という名前もうれしいものです。

秋は日本人の美意識をよく表現した“もののあらわれ”を
どこかで発見できる時です。
きれいな色どりや実りも瞬く美だからこそきらめきます。
そして自然の命はまた巡ってくるという
希望があることも大切な要素だと思います。


株式会社 エスキューブ

銀座 雨竹庵


0 件のコメント:

コメントを投稿