2013年6月24日月曜日

涼やかな緑をお楽しみください



店内の盆栽が新しくなりました。
涼やかなお料理と合わせて、心ゆくまでお楽しみください。
------------

樹種 大実海棠 樹齢 約50年
(おおみかいどう)
樹種 ギボウシ
樹種 コナラ 樹齢 約20年

6月21日は二十四節気の「夏至」にあたります。一年で最も昼が長く夜が短い日。
古人は、この時期の涼しく過ごし易い夜を短夜(みじかよ)と云って惜しんできました。
清少納言が「枕草子」で、四季それぞれの良さを挙げていく中で「夏は夜」と書き出しています。
昔から暑い夜をいかに過ごすか、それが日本の建築や歌になり日本の文化となりました。

「コナラ」の木立は涼やかな風を通し、木陰を作り足を踏み入れれば別世界のようです。
木洩れ日にくすぐられながらコナラの樹の下で、うたた寝する所を想像するだけで、
誰もが幸せな気分になるのではないでしょうか?

「ギボウシ」は主に山野の林の中や湿原などに自生する多年草です。
きっとコナラの株の木陰でもひっそりと花を咲かせているでしょう。
花茎を伸ばす蕾の様子が橋の欄干の上などのある擬宝珠に
似ているところから、その名が付けられました。

春の頃には可愛らしい花を見せた「海棠」も既に青実を付けています。
秋には色ずくであろうこの実もこの時期ならではの清涼感を演出してくれます。

じつは、梅雨にちなんで、梅の実なり姿の盆栽を飾ろうとしたのですが、
まず、梅は花見を優先する為、実はただちに取るのが定石である事と、
今年の春がいささか暖かだった事で、開花が早く、
準じて実も早々に熟して落ちてしまったことで、
変わりに海棠の盆栽となった裏話をして締めたいと思います。
いかに共生するかが日本の文化ですね。

株式会社 エスキューブ
銀座 雨竹庵

2013年6月13日木曜日

鮎の季節がやってまいりました


今年も鮎の季節がやってまいりました!
竹筒焼きでは、丁寧に仕上げた蓼酢と一緒に味わって頂いたり
鮎うるか 内臓を塩漬けにした逸品など、色々とご用意しております。




旬の味わいを是非、楽しみにいらしてください。

夏の風情をお楽しみください



梅雨らしい、しっとりとしたお天気が続きますね。
店内の盆栽も新しくなりました。
季節を楽しみつつ、旬のお料理をお楽しみください。
--------------------------

樹種 ブナ 樹齢 約30年

樹種 額紫陽花

樹種 樹齢 約50年

6月5日は二十四節気の「芒種」です。21日は「夏至」となり、一年で最も昼が長い日です。
太陽が最も高く輝く日ですが、日本は梅雨の真最中です。
梅の実が黄色に熟す頃に降る雨。その雨を五月雨(さみだれ)と云います。
灰白色の幹肌に新緑の緑が良く映える<ブナ>は恵みの雨をグングン吸い上げ、益々水々しい
雨煙るブナ林に、カッコウの鳴き声が聞こえてきそうです。
梅雨時にも目を楽しませてくれる花に一番に挙げられるのは紫陽花でしょう。
鎌倉の明月院に見られる西洋紫陽花も良いですが、日本の原種である<額紫陽花>も
風情があって良いものです。
<檜林>が雨にしっとりとして緑濃くしていく景色も日本の夏の風物詩といえるでしょう。
雑木林と違い、深い緑と光を通さない暗さは人を畏怖させる空気があるようです。
梅雨の長雨は確かに煩わしいものです。しかし、大地を潤し草木を育てる恵みの雨でもあります。
日本の蒸し暑い夏をいかに過ごすか、それは日本建築など様々な分野において工夫され築かれてきました
日本文化は梅雨によって築かれたといっても過言ではありません。


株式会社 エスキューブ
銀座 雨竹庵