2013年7月22日月曜日

緑濃い夏の木立をお楽しみください



花火の音が聞こえる季節となりました。
懐食みちばにも山や海から食材の夏の便り届いております。
お料理と合わせて、ごゆっくりとお楽しみください。

--------
樹種 岩四手(イワシデ)寄せ植え 樹齢 約30年
樹種 笹とシノブ寄せ植え
樹種 イチジク 樹齢 約20年

暦の上では7月23日は「大暑」となり、一年で最も暑い頃です。
学校は夏休みに入り、夏祭りや花火大会などで賑わう季節です。

「岩四手・イワシデ」の林は木陰を作り、通る風は涼やかです。

今の子供達は田舎の雑木林を探検して虫取りして遊ぶのでしょうか。
どの樹に目当ての虫がいるか年上に伝授されるのも、ひとつの勉強でした。

お祭りや縁日の屋台で吊り忍や風鈴がずらりと並ぶ光景は見ているだけでも
夕涼みになるもの。
山地の雑木林の樹木に着生するシダを苔と共に植え付けるだけで
森の空気を思わせるものです。

子供の頃は近所の柿やイチジクが食べ頃になるのを見定めながら
家路に着いたなどと昔の記憶を蘇らせる方もいるのではないでしょうか。

イチジクは「無花果」と書き、花を咲かせず
実を付けるように見えることからついた名です。

22日の土用の丑の日にうなぎを食すなり、
夕涼みやお祭りに、出掛けたり、浴衣を着てビアガーデンもよろしいかと。

とにもかくにも、厚さを凌ぐ、そんな季節です。

株式会社 エスキューブ
銀座 雨竹庵

2013年7月9日火曜日

夏涼感じるひとときを


店内の盆栽飾りが新しくなりました。
大変な猛暑が続きますが、懐食みちばでは、店内で夏涼を感じる、
お料理とおもてなしで皆様を心待ちにしております。

--------
樹種 青枝垂れもみじ 樹齢 約35年
(おおみかいどう)
樹種 姫孟宗竹
樹種 真柏  樹齢 約25年

7月7日は二十四節気の「小暑」、そして七夕になります。
本来七夕は旧暦7月7日、現在の太陽暦であてはめると、8月初旬である初秋の行事です。
今は梅雨も明けきらず、曇りか雨。星空は望めず、彦星は織姫に会うことは叶わず…
旧暦の行事を単純に太陽暦の同じ日付に移すと、このようなずれが起こることが度々あります。
姫孟宗竹に願いをかけて短冊を飾る。七夕の行事も夏の行事になってしまいましたが、
短冊が小風でヒラヒラと舞う姿は涼を感じさせる意味では良いのかもしれません。

数あるモミジの中でも、葉に深く切れが入る青枝垂れもみじは、
涼やかに見えて暑中の飾りに最適です。
葉が薄く細いので、夏の熱射で葉焼けしないように、日蔭で管理することが肝心です。

高山の壁や山間の谷などの厳しい環境に生きる真柏、深山冷気まで一緒に飾るようで
これもまた夏涼を感じさせる飾りといえます。

小暑から大暑をはさみ立秋までが暑中です。
飾りも涼やかに見せることが望まれます。

株式会社 エスキューブ
銀座 雨竹庵