2013年8月26日月曜日

店内の盆栽を新しくいたしました

まだまだ残暑が厳しいですが、
朝夕は涼しいひとときもあり、
夏の終わりの気配を感じます。
店内の盆栽も少しずつ次の季節を迎えているようです。

---------------------------------
樹種 真柏 樹齢 約60年
樹種 しのぶ
樹種 小梨 樹齢 約30年

8月23日で24節気の処暑にあたります。暑さも収まる処ということですが、
最近の気象は異常です。残暑非常に厳しく、
所によっては大雨の被害など昔とは大きく変化しているように思われます。

真柏は人が踏み入れない険しい山あいの崖などに生きてきます。
雷に打たれ、雪に倒され、それでも骨を露わにしながらも逞しく
生きる姿は静かに力強く人にうったえるように感じます。

シノブは樹木の樹皮などにつく着生植物です。
これを軒下などに吊り下げて鑑賞する吊りシノブは、夏の風物詩。
残暑厳しくとも夜になればどこからともなく、虫の音が聞こえます。
吊りシノブに虫の音、これだけでも暑さはしのげる気がします。

小梨は梨の原種。ミニチュアのような梨の実がついています。
食用には適さないですが、とてもかわいらしいものです。
残暑とはいえ秋の味覚のひとつである梨はすでに実ってます。

子供たちのの夏休みも終わりが近くなり、どことなく寂しくなる頃。
夏休み気分が抜けない大人も合わせて、センチメンタルな気分に酔うのも一興。

株式会社 エスキューブ
銀座 雨竹庵


2013年8月13日火曜日

店内の盆栽が新しくなりました




---------------------------------
樹種 桧 樹齢 約40年
樹種 姫孟宗竹
樹種 初雪かずら 樹齢 約30年

8月7日で24節気の立秋となり、暦の上では秋の始まりです。
とはいえ、残暑厳しく秋は名ばかりというところでしょうか。
お盆休みを使い、家族で帰省される方も多いでしょう。
田舎で日本の原風景に出会うこともあるのではないでしょうか。
桧は杉と並び人工林として多く植樹されており、
「木は桧、花は桜木、人は武士」と言われ最高級木材として昔から重用されてきました。
きれいに林立した桧林は、日本の原風景、ひと足踏み入れれば、ヒンヤリと別世界のようです。

8月13日は旧暦の七夕。本来の七夕と言えるこの日に笹の葉に願いをかけて、
星空を望むのも一興、仙台の七夕祭りも旧暦に合わせ8月上旬に行われます。

半常緑の初雪かずらは冬の紅葉もきれいですが、新葉が更新されてそろうこの頃、
水々しい葉に白い斑が入り、その名も合わせて涼し気です。

まだまだ残暑厳しい季節ですが、
盆栽の息吹きに少しだけ涼を感じて頂ければ幸いです。

株式会社 エスキューブ
銀座 雨竹庵