2014年4月22日火曜日

瑞々しい盆栽をお楽しみください

盆栽を飾り替えいたしました。
是非お食事とともにお楽しみください。









----------

左から
真柏  樹齢約45年
風知草
藤   樹齢約50年

■解説
4月20日は24節気の穀雨にあたります。
春の雨が田畑を潤し、穀物の成長を助けます。
春雨はしめやかに音もなく大地を湿らせ万物を育てます。
夜は朧月、朝は霞と、いかにも潤う季節と感じます。

日本に自生する藤は山藤と野田藤。
各地に藤棚の名所があり、山々では、
新緑の間できれいな紫色を見せてくれます。
家紋や装飾に用いられるなど、古くから人々に親しまれています。
萌え立つ季節、様々な草木が芽を出し新緑を見せてくれます。

風知草の萌え出でる姿は生命の瞬き、
とても美しいものです。
季節が進み夏になれば葉が伸びて、
サラサラと風に揺れて涼を演出してくれます。
深き山の峰で風雪に耐えながら生きてきた真柏も緑濃くなり、
徐々に初夏を思わせる雰囲気になってきました。
強くなる陽射しをいっぱいに浴びて、
地から養分を吸い上げて、木全体が力で満ちています。

「春眠暁を覚えず」とは孟浩然の詩「春暁」の一節、
春の眠りの心地良さは今も昔も変わらぬようです。



株式会社 エスキューブ
銀座 雨竹庵

1 件のコメント: