2014年8月27日水曜日

道場流、美味し楽しの肝の饗宴に絶品山椒ダレのお楽しみ





道場和食では肉、魚を問わず「肝」を美味しく楽しんでいただく、道場六三郎ならではのお料理がいくつもあります。鮟鱇の肝ならスプーンですくって食べたくなるような柔らかくて優しい味。鰤やおこぜ、クエなどの魚ならいろいろな部位をそれぞれの調理法で楽しんでいただいたり。姿のトマトにハチノスなどを詰め込んで焼く「とまとの姿焼き」は人気の定番料理となっています。そして、この夏にはレバ、ミノ、ハチノスを道場六三郎オリジナルの「山椒ダレ」を絡めて、人気の黒毛和牛ローストビーフも合わせていただく、通称「三肝」をお出ししています。
肝特有の臭みをとる工夫を凝らして、肝が少々苦手な方にもそれぞれの肝の多彩な食感やそれぞれの旨味をたっぷりと楽しんでいただこうと、趣向を凝らした一品です。
味の決め手は道場六三郎考案の「山椒だれ」。四川風のコクのある辛みと、味噌の優しい甘み、そしてきりっとした山椒が肝の美味しさ、楽しさを絶妙に引き立てます。
ちょっと無国籍料理のようなムードを漂わせながらも、しっかりと「和」のセンスがいろいろな楽しみをつなぎ合わせる、道場和食らしい一皿になっています。
ぜひ、この機会に道場流肝の味わいと、絶品「山椒だれ」の妙をお楽しみください。

秘伝?ぴりっと甘辛で絶品、山椒味噌ダレ


0 件のコメント:

コメントを投稿