2014年6月24日火曜日

蒸し暑い日にみずみずしい緑が眼に嬉しい盆栽です

盆栽の飾り替えをいたしました。
蒸し暑い日にみずみずしい緑が眼に嬉しい盆栽とともに、
お食事をお楽しみいただければと思います。









左から
山香ばし  樹齢約20年
伊吹麝香草(イブキジャコウソウ)
コナラ   樹齢約35年

■解説
6月21日は24節気の夏至にあたります。

一年で昼が最も長い日ですが、
故事に習えば夏は短夜。

昼が長いととらえずに、
涼しく過ごしやすい夜が
たちまちに明けてしまうのを惜しむ心もちで「短夜」というのです。


とはいえ季節はまだ梅雨どき、
五月晴れを乞うこの頃です。


山香ばしは山や丘陵地の林などに
ひっそりと生きています。

枝を折ると香りがすることからついた名です。

五月雨にしっとりとした青葉がみずみずしく、
そばに立てば深呼吸してみたくなります。


伊吹麝香草はシソ科の植物。

名前のように麝香という
香料に似た香りがするといわれます。

近縁種でハーブで知られるタイムがあります。

滋賀県の伊吹山では群生して、
時期になれば薄紅色のじゅうたんのように見えるようです。


コナラはどんぐりがなる木です。

日本に生息するナラでミズナラ(別名オオナラ)があり、
これに似ている事からついた名です。

よく見ると葉の元に小さなどんぐりがついています。

これからいっぱい栄養を吸い上げて、
立派などんぐりになるのでしょう。

梅雨の時期、長雨が鬱陶しくなるもの。

そんな時は草木の潤いを見て、
じっと雨垂れの音に耳を傾けるのも良いものです。

ショパンやドビュッシーのピアノ曲がより心地良く聴こえるのも、
この季節ではないでしょうか。



株式会社 エスキューブ
銀座 雨竹庵

2014年6月16日月曜日

盆栽を飾り替えいたしました

樹々の緑が深くなり初夏の風に肌も汗ばむ季節となって参りました。
盆栽も初夏の装いとなりました。
是非お食事と共にお楽しみくださいませ。











左から
サツキ    樹齢約25年
ホタルブクロ
コバノズイナ 樹齢約15年

■解説
5月21日は24節気の小満にあたります。

万物の気が満ちてゆく頃、
つまりは草木が茂ってゆくことを意味します。

木々の若葉が野山や街を彩り、
陽光に照らされキラキラと輝いているようです。


サツキはツツジの仲間です。

皐月の頃に遅れて咲いてくることでサツキツツジと呼ばれ、
それが花形良く小葉で幹もきれいで
鑑賞に良く丈夫であることから、
交配され様々な品種が発表され
人気を博しています。

満開に咲いた姿は華やかで、
気が満ちている様を体現しているかのようです。


ホタルブクロは初夏に日陰で
ひっそり咲くキキョウの仲間。

蛍が中に入って光る様子を見てついたとも、
昔の提灯を火垂るといって
その姿が似ていることからついた名とも言われています。

ともあれ、蛍が中に入って
ぼうっと光るところは見てみたいものです。


コバノズイナは初夏の頃、
枝先に小さな白い花を密にさせ穂のように咲かせます。

若葉とあいまってとても涼し気で清涼感があります。

ユリに代表されるように、
夏には白が合うものです。

新緑の季節はほんのつかの間。

夏が深まってゆけば、
木々の若葉は青葉に変わってゆきます。

人生でいえば青春の時のようなものでしょうか。


だからこそ、尊く、輝かしく、素晴らしい。



株式会社 エスキューブ
銀座 雨竹庵

2014年6月2日月曜日

特別飾り盆栽 栃木県産コシヒカリ早苗
















6月を迎えホトトギスが飛び、
山里にも田植えの水面の風が通ります。

今年の日本の豊穣を祈る早苗の飾りは、
芒種を迎えるこの時限りの飾りといえます。

どうぞ豊かな日本の四季と文化をお楽しみ下さい。