2014年7月4日金曜日

7月のお料理について森川料理長より

盆栽の飾り替えをいたしました

本格的な暑さはまだ少し先のようですが、
店内の盆栽はすっかり夏の装いです。
是非お食事とともにお楽しみください。









左から
真柏 樹齢約50年
擬宝珠
姫孟宗竹

■解説
7月7日は24節気の小暑、
そして五節句のひとつ七夕です。
梅雨明けも間近となり、
暑い夏が訪れます。

七夕は豊作を祖霊に祈るお盆行事の一部でもあり、
笹は精霊が宿る依り代とされてきました。
願い事を短冊に書いて笹の葉に吊るし、
星にお祈りするのも中国伝来のものと
日本文化が合わせてできたものです。

擬宝珠は花芽をスッと伸ばしてきました。
花が咲く前のつぼみが橋の欄干の上などにある
擬宝珠に似ていることから付いた名。
涼やかな葉姿に青紫色の花は
正に夏にふさわしいものです。

真柏は人を寄せ付けぬような
厳しい山上や崖に生きる樹です。
細幹であれど、内包する力、
存在感があります。
心を落ち着けて静かに見れば、
神々の棲む地の冷気が感じられるかも知れません。

七夕は本来は旧暦の行事です。
ひと月早いため、今は梅雨の晴れ間を期待して、
もしも雨や曇りでも 8月2日の旧七夕にお願いすれば大丈夫。


株式会社 エスキューブ
銀座 雨竹庵