2015年10月20日火曜日

盆栽の飾り替えをいたしました

店内の盆栽を飾り替えいたしました。
是非お食事と共にお楽しみください。






上から、

姫柿  樹齢約30年
フジバカマと野菊の寄せ
五葉松 樹齢約50年

--------------------------------------------------------------------

秋の彼岸が明けて中秋も過ぎ、後一週間もすれば寒露になります。
いよいよ秋深まるといったところでしょうか。実物はそろって色づき始めています。

山ぶどうも濃い紫色を更に深めています。
ぶどうは秋の味覚のひとつでもあり、また昨今はボジョレーヌーボーの解禁などでも話題になっています。
山ぶどうはそれらの栽培品種とは違いますが、近年では山ぶどうからワインやジャムを作っているところもあるようです。
野生種の方がよりポリフェノールを多く含んでいるとのことです。

糸すすきの穂はまだ上がってきませんが、その葉姿だけでも十分絵になるものです。
10月25日の十三夜の頃には穂を出してくれていることでしょう。お月見は十五夜と十三夜の両方の月を見るのが良いといわれます。
片見月にならぬように気をつけましょう。

五葉松もようやく解禁といったところでしょうか。

春に出た新葉が夏の間しっかり光を浴びて、柔らかかった若葉は今やピンと硬くしまってきました。
盆栽を学び、彼岸を過ぎたら飾れると師匠に教えられてきましたので、
盆栽人の中では彼岸を過ぎたら五葉松解禁という、ほんの少しだけ心踊る頃であります。

秋深まり、実が熟し紅葉が始まり、山々は錦に色づき始めます。
動物たちは冬に備えて懸命に蓄えて、魚も脂がのって美味い時期です。

食欲の秋に芸術の秋と私たちもある意味肥えていきそうです。
スポーツの秋とはそういう意味も含んでいるのでしょうか。



       

株式会社エスキューブ
銀座雨竹庵

0 件のコメント:

コメントを投稿