2015年11月6日金曜日

盆栽の飾りがえをいたしました

店内の盆栽を飾り替えいたしました。
是非お食事と共にお楽しみください。








上から、
真柏      樹齢約60年
ススキ
ツルウメモドキ 樹齢約40年

10月24日で24節気の霜降となり、秋最後の節気、次は11月8日の立冬で暦の上では冬が始まります。
霜が降りる現象は空気中の水蒸気が地表近くで凍るために起こり、上空で凍ると雪になります。
とはいえ、霜が降るにはまだもう少し先のようです。

日当たりの良い林などに自生するツルウメモドキは、その名にあるように他の植物に巻きついて上に伸び成長します。
晩秋の頃、黄色い実が裂けて中の赤い種を見せる姿はとても可愛らしく、生け花などにも使われています。
冬になって枝いっぱい赤く色づくことから、ウメモドキの名を頂いているのでしょう。

25日は十三夜でした。十五夜の中秋の名月と共に後の月も見ることは、秋の月見で忘れてはいけないことでしょう。
ススキの穂も終わりに近くなりましたが、これもまた晩秋の雰囲気があり良いものです。

真柏の根元立ち上がりの幹は捻転して、もの凄い力をためているように見えます。
重たい雪が枝々にのしかかっても、強力な風がすべてを吹き飛ばそうとしても、しっかと根を張り、不動の姿勢を見せています。
厳しい冬を目前にして、気持ち葉がキリッとしまってきた印象があります。

過ぎ行く秋を感じつつ、後に控える厳しい冬に備えて植物も動物も人間も、いそいそと支度に追われるようです。

そうして秋はいつも足早に去っていくようです。


       

株式会社エスキューブ
銀座雨竹庵

0 件のコメント:

コメントを投稿