2015年11月30日月曜日

盆栽を飾り替えいたしました

師走の訪れを感じる盆栽たちです。
是非お食事と共にお楽しみください。





上から
真柏石付き 樹齢約50年
風知草
冬椿    樹齢約35年

11月23日で小雪となり、12月7日には大雪となります。
寒さが日に日に厳しくなり、山々だけでなく平地にも雪が降り出す頃となります。

冬椿は雪でも降ろうかという寒さの中、蕾を膨らませ咲き始めています。
サザンカも同じツバキ科の植物ですが、散り方など若干の違いがあります。
ともあれこの寒さの中咲くことと、日陰でもちゃんと育ち花芽をつけるので、海外でも人気があり沢山の品種が開発されています。

風知草も春の萌え出でる頃から秋の穂をあげた姿まで目を楽しませてくれましたが、最後に綺麗な紅葉を見せてくれています。
まもなく冬枯れしてしまえば元から刈取り、冬の間は休眠状態になります。

真柏の石付きは原生する姿そのままを表現しているようです。
とはいえ、現在の山の真柏は雪に覆われていたり、寒さで緑の葉が茶色く変色していることでしょう。
鉢の中で人の管理に置かれていることは、とりようによっては樹にとって幸せなことかも知れません。

いよいよ本格的に寒さが厳しくなってゆきます。
熊などの冬眠する動物は眠りにつきます。

人間もコタツなどの暖房器具を引っ張り出してきて、そこから離れられなくなってしまう事象が発生する頃でしょうか。



株式会社エスキューブ
銀座雨竹庵

0 件のコメント:

コメントを投稿