2016年2月19日金曜日

盆栽の飾り替えをいたしました

店内の盆栽を飾り替えいたしました。
是非お食事と共にお楽しみください。





上から、
サンシュユ 樹齢約25年
雪柳
黒松    樹齢約50年

立春を過ぎ2月19日には春の2番目の節気にあたる雨水となります。

雪は雨に変わり、氷を溶かし水が大地に染み渡ってゆきます。

しかし、本格的な春の訪れにはまだ遠く、大雪が降ったりもします。

三寒四温を繰り返しながら、春に向かっていきます。


中国、朝鮮半島原産のサンシュユ、
その名前は中国名の「山茱萸」を音読みしたものです。

別名で 「春黄金花(はるこがねばな)」と言い、
”木全体が早春の光を浴びて黄金色に輝く”様を表しています。

白梅、紅梅に木瓜と、春を告げる花は白そして赤と続き、
いよいよ黄色へと変化してゆく頃、春一番が吹き始めます。


雪柳は柳のように扇状にカーブし枝を垂れて真っ白な花をつけます。

満開に咲いた時は、まるでそこだけに雪が降っていたかのように
真っ白なかたまりになって見えます。

こちらも春を告げる代表的な種類です。


常盤の緑を保つ黒松も、何も変化が無いように見えて、
着実に春を感じとっています。

緑が次第にいきいきとしてきたのが分かります。

葉の奥で眠っているように見える新芽が、しばらくすると動きだすのでしょう。

そうなると室内には飾れなくなるので、
こちらもその変化を見逃さないようにしなければいけません。


水温むと言っても何ということはないと思う方も多いでしょうが、
自然界にとっては待ちに待った春の到来を感じられることです。

植物も動物も深い眠りから覚めるきっかけとなります。


さあ、目覚めよ!春が来た!春は足下から始まるのでしょう。




株式会社エスキューブ
銀座雨竹庵

0 件のコメント:

コメントを投稿