2016年12月16日金曜日

冬の彩り






        キンカン 樹齢約15年
        コケモモ
        桧寄せ植え 樹齢約45年

早いもので12月21日には冬至となります。
日照時間が最も短くなる日、つまり太陽の力が一番弱まる日です。
この日を境にまた日照時間が長くなり始めることから、
「一陽来復」といって太陽が力をよみがえらせる日とされ、
陰から陽へと運気が上昇する起点とされています。

その昔中国から渡って来たキンカンは、寒さの耐性もあるため日本全国に広まり、
様々な品種が開発されました。
その姿から「福徳」、色味から「黄金」また実つきの良さから「子孫繁栄」の象徴として
冬至や正月に飾ることが多いようです。

桧の寄せ植えは桧林をイメージして、雪化粧をしてみました。
トナカイのそりに乗ってあの人がやって来そうではないでしょうか。

コケモモはこの時期に貴重な色をだしてくれます。
可愛らしい赤い実に緑の葉はクリスマスカラーにぴったりです。
柑橘類が旬を迎え、寒さ厳しくなるこの季節、コタツにみかん、
冬至の柚子湯と日本には欠かせない風物詩ですが、やはりクリスマスに押されがちではあります。

0 件のコメント:

コメントを投稿