2016年3月22日火曜日

盆栽の飾り替えをいたしました

店内の盆栽を飾り替えいたしました。
是非お食事と共にお楽しみください。




上から、

五葉松  樹齢約60年
長寿梅  樹齢約20年
枝垂れ桜 樹齢約30年

3月20日は春分。
昼と夜が同じ長さになる日、
そして彼岸の中日でもあります。

中国の故事ではこの日、
水や雨を司る竜が天に駆け昇るといわれます。


恒例の枝垂れ桜がようやく花芽を膨らませて、
今や咲かんとしています。

春は花、花といえば桜。
昔から人々にとって桜は特別でした。

そろそろ開花前線の報せで賑わう頃です。

ひと足早く桜を楽しんでください。
これも盆栽の醍醐味でしょう。


四季咲きの長寿梅、今は若芽が吹き出し、
若葉とあいまって花を咲かせています。

厳寒の初春に見る花も可憐で美しいですが、
この頃の咲き方も力が満ちている様子が感じられて良いものです。


五葉松も太陽のエネルギーをいっぱいに受けて、
新芽を伸ばさんとしています。

この時季に室内に飾り過ぎると来期の作に悪いので、
松類はしばらく日当たりの良い所での培養期間に入ります。


暑さ寒さも彼岸までというように、寒の戻りも次
第に収まり、
動物も植物も一気に動き出します。

「春が来た!春が来た!」と鳥は歌い、
大地に気が満ちてゆきます。




株式会社エスキューブ
銀座雨竹庵

2016年3月4日金曜日

盆栽の飾り替えをいたしました

店内の盆栽を飾り替えいたしました。
是非お食事と共にお楽しみください。




上から、

寒桜 樹齢約30年
春蘭
赤松 樹齢約50年

3月3日は桃の節句、ひな祭りです。
女の子の幸せを願って雛人形を飾り、
桃の花を飾ってお祝いする日です。

ここは桃の花を飾りたいところですが、
そもそも旧暦の行事をそのまま現在の暦にあててしまっているので、
実際の事象とひと月ずれてしまっています。

本来、桃の花が咲き始めるのは4月の半ばからですので、
代わりに寒桜を桃の花に見立てて飾りました。


春蘭は雑木林などの足元に自生する野生蘭で、
春の3月頃、茂みの中から茎を伸ばして花を咲かせます。

江戸時代の頃から盛んに愛培されてきた古典園芸植物であり、
現在も愛好家の間で珍種や奇形種が高値で取り引きされています。


赤松は山間部や人里の近くなど内陸に多く見られる松で、
耐寒性も備える樹です。

冬の間は雪に押し潰され吹雪に耐えながらも、
ようやく春を迎えてほっとしていることでしょう。

葉の色も徐々に青を取り戻してきたようです。


今年は暖冬でしたので、春の花も若干ずれて咲き出すこともあるようで、
これはこれで困ったもの。

何にせよ、穏やかな春を迎えたいものです。




株式会社エスキューブ
銀座雨竹庵