2016年8月8日月曜日

店内の盆栽が新しくなりました




深山海堂  樹齢約25年

姫孟宗竹

真柏  樹齢約40年


8月7日で立秋となり暦の上では秋の始まりです。
まだまだ暑さ厳しく残暑ですが、夏は終わります。
異常気象や温暖化の影響で昔の季節感とはかなりの相違がでているのが現状です。

深山海堂の青実はこれから少しずつ赤みづいていきます。
秋の装いになり始める頃です。
おそらく9月後半には、すっかり赤くなっていることでしょう。


七夕といえば7月7日の行事と思うでしょう。
しかし、本来は旧暦に合わせた秋の行事で、今年は8月9日がその日です。
竹の葉も7月に比べるとだいぶそろってきて良い調子ですし、おそらく夜空の星も8月のほうがよく見えるはずです。

真柏は夏の間にしっかりと力を蓄えて、いきいきとして見えます。
自然味のある石付きの創作をしていて、尾根に立つ姿や岩盤に根をおろして生きる姿などを想像できます。
暑い日々が続いていても、秋になれば残暑といいます。

暦の上と言わずに、微かな秋の気配を見つけてみましょう。

「秋来ぬと目にはさやかに見えねども風の音にぞおどろかれぬる」

秋の気配を探るのも暑さを紛らわすのに良いのかも知れません。

株式会社エスキューブ
銀座雨竹庵