2016年12月16日金曜日

冬の彩り






        キンカン 樹齢約15年
        コケモモ
        桧寄せ植え 樹齢約45年

早いもので12月21日には冬至となります。
日照時間が最も短くなる日、つまり太陽の力が一番弱まる日です。
この日を境にまた日照時間が長くなり始めることから、
「一陽来復」といって太陽が力をよみがえらせる日とされ、
陰から陽へと運気が上昇する起点とされています。

その昔中国から渡って来たキンカンは、寒さの耐性もあるため日本全国に広まり、
様々な品種が開発されました。
その姿から「福徳」、色味から「黄金」また実つきの良さから「子孫繁栄」の象徴として
冬至や正月に飾ることが多いようです。

桧の寄せ植えは桧林をイメージして、雪化粧をしてみました。
トナカイのそりに乗ってあの人がやって来そうではないでしょうか。

コケモモはこの時期に貴重な色をだしてくれます。
可愛らしい赤い実に緑の葉はクリスマスカラーにぴったりです。
柑橘類が旬を迎え、寒さ厳しくなるこの季節、コタツにみかん、
冬至の柚子湯と日本には欠かせない風物詩ですが、やはりクリスマスに押されがちではあります。

2016年12月14日水曜日

盆栽が新しくなりました








    五葉松  樹齢約60年
    コケモモにイソギクの寄せ
    ツルウメモドキ  樹齢約30年

季節は小雪を過ぎて大雪に向かうところ、遠くの山々は頂きを白くして冬の寒さも進んでゆきます。
街の中の樹々もようやく錦に彩り、ライトアップされて、今が盛りとなっている頃でしょうか。

ツルウメモドキはすでに落葉して、可愛らしい実がよく見えるようになりました。
日当たりの良い林などに自生するツルウメモドキは、
その名にあるように他の植物に巻きついて上に伸び成長します。
晩秋の頃、黄色い実が裂けて中の赤い種を見せる姿はとても可愛らしく、
生け花などにも使われています。

コケモモは冬の寒さにも強く、-40度の環境下でも耐える力があり、
葉も落とさずに可愛らしい実を見せてくれます。
実は酸味が強いですが、北欧ではジャムや甘煮にして食す習慣があります。

五葉松は常盤の緑、落葉樹がひと通り葉を落とした後だと、余計にその緑がひき立ちます。
北風にあたって緑がやや茶色くなることもありますが、室内で温まるとすぐに青さを取り戻すでしょう。

今年もあっという間に後ひと月です。
次第にせわしなくなり、息をつく間もなく年の瀬を迎えることになりそうですが、
そんな時こそ盆栽を見て心を落ち着かせることが大切でしょう。