2017年2月13日月曜日

盆栽が新しくなりました。




サンシュユ 樹齢約30年
寒菊
五葉松 樹齢約60年 

2月4日の立春を過ぎ、暦では春の到来です。 とはいえこの頃は各地で大雪が降るなど、まだまだ寒さ厳しい季節です。 寒い中でも常盤の緑を保つ松は、日本人の持つ精神性や信仰心の象徴となってきました。 中でも五葉松は黒松や赤松に比べ葉が短く凛としていて、葉組みが綺麗にまとまり、 松の中では千両役者ばりに絵になる姿をしています。 ようやく近くの庭梅が咲き出してくる頃、盆栽は一足先に早春の黄色花を代表するサンシュユが開き始めます。 春黄金花の別名もあるように、葉に先立って花を咲かせ、満開になると全体を黄金色が覆うように見せます。 サンシュユは中国の山茱萸の漢名を音読みした名です。 寒菊もこの時期に貴重な色合いです。 これは春というより冬の花ですが、霜にも強く、鑑賞用に作られています。 春は名のみというように、まだ寒さのピークではと思えるほどですが、 そんな時こそ僅かな春の兆しを探してみるものです。

0 件のコメント:

コメントを投稿