2017年6月23日金曜日

盆栽が新しくなりました。




         カラマツ 樹齢約35年
         菖蒲
         青枝垂れもみじ 樹齢約40年

6月21日は24節気の夏至にあたります。
太陽が最も高く昇る日で、昼が一番長く夜が短い日です。
とはいえ梅雨の只中にあって太陽はなかなか顔を出しません。
人には鬱陶しい長雨ですが、植物にとっては恵みの雨、この期にグングンと水と養分を吸い上げて枝葉を伸ばしてゆきます。

カラマツは日本固有種で、日本で唯一の落葉針葉樹です。
松なのに落葉するという面白い樹種で、毎年出てくる青葉の色合いは群をぬいて素晴らしいです。
新緑の美しさもさることながら秋の黄金色になった姿もとても良いものです。

菖蒲は北海道から九州まで分布し、各地の公園や菖蒲園で見頃を迎えています。
「いずれは菖蒲か杜若」と似ていてどちらも美しいことをいいますが、昔から人々に親しまれてます。

青枝垂れもみじは数あるもみじの品種の中でも、ひと際人気のあるものです。
切れ目の深い葉は涼やかで、この時期は雨の雫が一葉一葉に垂れて、より赴きある姿にしています。

雨の日が多く室内に籠りがちになる季節にも盆栽を愛でて楽しむもひとつ、
雨の景色を見て、草木を打つ雨の音に耳を澄ませるのも梅雨の楽しみ方になるのではないでしょうか。


森前 誠二

0 件のコメント:

コメントを投稿