2017年9月15日金曜日

店内の盆栽をお楽しみください





    姫柿 樹齢約30年
    箱根菊
    桧  樹齢約50年

9月23日で秋分となります。
彼岸の中日で、昼の時間と夜の時間がちょうど半分ずつになり、ここから徐々に夜が長くなってゆきます。

姫柿の実はまだ青々としていますが、これから赤く色づいてくることでしょう。
昔中国から持ち込まれたものですが、柿渋を採取するためと、鑑賞用として渡来したようです。
渋が強いのと、果肉より種が占める割合が多いので、食用には向きませんので悪しからず。

9月9日は重陽の節句でした。
別名に菊の節句とも言います。重陽の節句に菊の花を愛でるのは、古くは中国から来た文化であり、酒に菊の花を浮かべて飲み干せば長寿が得られるとの伝えがあるようです。

まるで御神木のような存在感のある桧の盆栽です。
桧の歴史は古く、弥生時代から桧の材木は随一とされ、神社仏閣の多くにヒノキ材が使われています。
神殿の柱になる太く立派なヒノキを求めて各地を探し周ったようです。
台風が多いのは人も植物も困ってしまいますが、暑さ寒さも彼岸までというように、しばらくは落ちついた気候が続き、ここから徐々に秋深まってゆきます。

秋の夜長をゆったりと過ごせると良いですね。



銀座雨竹庵