2017年10月2日月曜日

盆栽が新しくなりました






姫リンゴ 樹齢約30年
イトススキ
五葉松 樹齢約60年

10月4日は十五夜、中秋の名月。
秋の調ちょうど真ん中にあたり、いつの間にやら残暑もなくなり、朝露がきらめく季節です。

実りの秋、姫リンゴの実が赤く染まってきました。
リンゴの仲間ですから、食べられるのかが気になるところですが、そのままでは酸味が強くてとても食べられません。
砂糖や蜂蜜になどに漬けて、何日も寝かせれば、ジュースやシロップにして美味しくいただけるようです。

中秋の名月にはやはりすすきは欠かせません。
すすきは神様の依り代であり、すすきを稲穂に見立てて飾ると言われます。
一緒に団子を供えて、こちらは月見酒というのもよいでしょう。

五葉松は彼岸が過ぎたあたりで春に出た新葉がかたまり、ようやく室内にも飾れるようになります。
松の王様、しいては盆栽の王様といえる五葉松が飾れるようになることは、いわばボジョレ解禁に並ぶ嬉しい出来事です。

雪月花にあるように月は日本の四季の美しさを代表するひとつのようなもの。
春夏秋冬見えるものですが、やはり秋は格別です。

十五夜の月はもちろんですが、片見月にならぬよう、来月の十三夜も忘れてはいけませんね。


銀座雨竹庵

0 件のコメント:

コメントを投稿