2017年10月21日土曜日

晩秋に向かう彩りをお楽しみください





五葉松  樹齢約70年
小菊
カマツカ 樹齢約35年


10月23日は24節気の霜降にあたります。
いよいよ秋深まり、朝晩はぐっと冷えこみ冬が近いことを予感させます。

かまつかの実も色づきはじめました。
かまつかは材が強く鎌の柄に利用されたことなどからついた名のようです。
別名にウシゴロシともいい、牛の角がかまつかの木に引っかかっても折れなかったそうですが、
その名に似つかわしくないほどの可愛らしい姿です。

野の草花も朝霜にあたり紅葉し、次第に枯れ始めることでしょう。
小菊もここで目一杯咲ききろうとしているかのようです。
なんとも健気で可憐な姿です。

五葉松は読んで字の如く、ひとつの芽から針葉が5つ出るもので、他の松類と分ける特徴といえます。
葉が細かいことで樹をより大きく見せるとともに、棚といわれる葉組みが作り易く、
盆栽として理想の形を求められる、いわゆる盆栽の王道を行く素材といえます。
黒松、赤松に並び、松盆栽の代表といえる五葉松には力強さの中にも雅やかな品格が感じられます。

季節は晩秋に向かい、沢山の実りをもたらし最後の輝きを放ってゆきます。
栄枯盛衰を繰り返す草木の美しさを一番良く感じられる季節ではないでしょうか。


銀座雨竹庵

0 件のコメント:

コメントを投稿