2017年11月22日水曜日

盆栽が新しくなりました。





山茶花 樹齢約35年
イソギクとコケモモの寄せ
黒松石付き 樹齢約50年

11月22日で24節気の小雪となります。
冬は進み底冷えする寒さが身にしみて感じられます。
山々の頂は白く化粧をしてゆきます。

サザンカはツバキ科ツバキ属の常緑広葉樹で日本の固有種です。
童謡『たきび』の歌詞に登場することでもよく知られるています。
ツバキによく似ていますが、花が終わると花弁がばらばらになるのがサザンカの特徴といえます。

イソギクは磯に自生する耐寒性の強い植物。
この時期に黄色い花を見せてくれる貴重な花です。
コケモモは冬の寒さにも強く、-40度の環境下でも耐える力があり、葉も落とさずに可愛らしい実を見せてくれます。
実は酸味が強いですが、北欧ではジャムや甘煮にして食す習慣があります。

黒松は樹皮が黒っぽくなることからきた名です。
海岸沿に多く分布し、防風林や景観のため植林されてきました。
石付きの姿は岩壁に根をはる景を見せています。
他の草木らが紅葉し枯れ落ちてゆく中、常盤の緑をたたえる松は益々その青を濃くしてゆくようです。

早いもので、もう数日で師走です。街はクリスマスのイルミネーションが用意され、せわしなくなってきたように感じます。
そんな時こそ、ひと息入れて盆栽を見る余裕がほしいものです。


銀座雨竹庵

2017年11月6日月曜日

盆栽で旬をお楽しみください




紫式部  樹齢約40年
糸ススキ
黒松 樹齢約70年

11月7日で立冬となります。
暦は秋から冬へ進みます。とはいえまだ秋の名残りが感じられ、晴れた日などは行楽日よりといえる暖かさ、
かと思えば冷たい時雨があったりと、そうこうしながら冬になって行くのでしょう。

紫式部の実も色づきはじめました。
平安時代の美人作家の名を戴いたこの植物は、紫色の実をびっしりとつけることから「紫敷き実」と呼ばれていたものが、
いつからかその美しい色合いと気品のある姿から、そう呼ばれるようになったようです。

11月1日は十三夜、後の月でした。
十五夜の中秋の名月と合わせてみると良いと言われ、片方を見逃すと片見月と言われよろしくないようです。
月見にはススキということで、この時期まで見れる十三夜ススキを飾りました。

黒松は樹皮が黒っぽくなることからきた名です。
海岸沿に多く分布し、防風林や景観のため植林されてきました。
他の草木らが紅葉し枯れ落ちてゆく中、常盤の緑をたたえる松は益々その青を濃くしてゆくようです。

過ぎ行く秋を感じつつ、控える厳しい冬に備えて植物も動物も人間も、いそいそと支度に追われるようです。
そうして秋はいつも足早に去っていくようです。


銀座雨竹庵