2017年12月19日火曜日

クリスマスの気配漂う盆栽



仏手柑 樹齢約25年
シクラメンにコケモモ
桧 樹齢約45年

12月22日は24節気の冬至となります。
日照時間が最も短くなる日、つまり太陽の力が一番弱まる日です。
この日を境にまた日照時間が長くなり始めることから、「一陽来復」といって太陽が力をよみがえらせる日とされ、
陰から陽へと運気が上昇する起点とされています。

先端が指先のように分かれている「仏手柑(ぶっしゅかん)」。
「手仏手柑」とも呼ばれ、鮮やかな黄色い皮はゴツゴツとして、柑橘の仲間なのに果肉がほとんどないという
ユニークな植物です。
原産地はインド北東部で、仏様の手のように見えることからこの名前になったそうです。

桧の寄せ植えは桧林をイメージして、雪化粧をしてみました。
北欧の方からトナカイのそりに乗ってあの白い髭と赤い服のお爺さんがやって来るような、そんな光景は見えないでしょうか。

コケモモはこの時期に貴重な色をだしてくれます。
可愛らしい赤い実に緑の葉はクリスマスカラーにぴったりです。
シクラメンは地中海沿岸地方原産で 明治末期に渡来したものですが、今では様々な品種が開発され、
すっかり冬の定番の花になりました。

柑橘類が旬を迎え、寒さ厳しくなるこの季節、コタツにみかん、冬至の柚子湯と日本には欠かせない風物詩ですが、
やはりクリスマスに押されがちであります。


銀座雨竹庵


0 件のコメント:

コメントを投稿