2018年1月10日水曜日

新年の飾り初め




        野梅  樹齢約50年
        季寄せ飾り (五葉松 紅梅 白梅 フキタンポポ
                              万両 十両 南天 姫笹)
        五葉松  樹齢約80年

あけましておめでとうございます。
新たな年の始まりは心も新たになれるものです。
新しい気持ちでものを見聞きすると、盆栽にも新しい発見があるのかも知れません。

新年の飾り初めとして、五葉松は「今年もお客様の御用をお待ちします」との意を込めているのとともに、
門松にあるように今年の歳神様を待つ、神の依り代の役目を果たしています。
80年を超える樹齢にみる臈たけた雰囲気と太幹で力強い姿は、それ自体に神が宿り「御神木」と化したように見えます。

古くから日本人に愛されてきた梅の花。
江戸時代以降の花見といえば桜ですが、奈良時代以前に「花」といえば梅のことでした。
平安時代、菅原道真が愛した花としても知られ、道真とその神格化である学問の神、
天神のシンボルとしても梅が使われています。

「松竹梅」は慶次吉祥のシンボルとなっていますが、元は中国の「歳寒の三友」といわれる文人画の画題から伝わったものです。
松は寒い中でも常盤の緑を保つことから不老長寿の象徴であると共に、
「神を待つ」年神様の依り代とされます。
梅は雪がちらつく程の寒さ厳しい中でも一番に咲き、春を告げる。
清廉潔白で気品ある美しさがあります。
竹もまた寒い中でも緑を保ち、成長の早さは著しく、天に向かって真っ直ぐに伸びる姿に、子の成長をなぞらえたりします。
その他にも、南天で「難を転じて福となす」となり、万両と十両を入れて「財を成す」として、
柑橘は常緑で沢山の実りを長く持たせることから「永く続く繁栄」を表わしています。

年の始まりにめでたいづくしの雅びな飾りとなりました。

これもまた、盆栽のひとつの表現です。
年の始まりは松に始まります。

これから順々と季節の旬の飾りを楽しんで頂けるよう精進して参りますので、よろしくお願い申し上げます。


銀座雨竹庵