2018年2月20日火曜日

盆栽飾りが新しくなりました。




         五葉松 樹齢約60年
         雪柳  樹齢約8年
         土佐水木  樹齢約25年

立春を過ぎ2月19日には春の2番目の節気にあたる雨水となります。
雪は雨に変わり、氷を溶かし水が大地に染み渡ってゆきます。
しかし、麗らかな春の訪れにはまだ遠く、大雪が降ったりもします。
三寒四温を繰り返しながら、春に向かっていきます。

土佐水木の堅かった花芽もようやく開く気配をみせています。
ぷっくりとして今にもパッとくす玉のように開いて、明るい黄色の花を見せてくれそうです。
春を告げる黄色は土佐水木をはじめ、マンサクやロウバイ、サンシュユにレンギョウなど、
白や紅の梅の後に黄色が眼に入ると本当に春が来たなと感ずるものです。

雪柳は柳のように扇状にカーブし枝を垂れて真っ白な花をつけます。
満開に咲いた時は、まるでそこだけに雪が降っていたかのように真っ白なかたまりになって見えます。
こちらも春を告げる代表的な種類です。

松は常盤の緑、寒さ厳しい中でも緑を保ちます。
散ることなく緑を称える姿は永遠、不死の象徴として古来より重用されていました。
かでも五葉松の短かくつまった葉姿は、他の黒松や赤松に比べても気品があります。
特に盆栽界では松の中の王、しいては盆栽の王様として扱われています。
春は名のみとは言えど、五葉松の葉もここにきて少しだけ柔らかく青みがついてきたようです。

水温むと言っても何ということはないと思う方も多いでしょうが、
自然界にとっては待ちに待った春の到来を感じられることです。
植物も動物も深い眠りから覚めるきっかけとなります。
さあ、目覚めよ!春が来た!春は足下から始まるのでしょう。

銀座雨竹庵