2018年1月31日水曜日

春のしるしを感じる盆栽






        山茱萸(サンシュユ) 樹齢約30年
        錦松  樹齢約50年
        柊  樹齢約35年

2月4日で立春となり、暦の上では春の到来です。
前日の3日は節分。

季節の変わり目に邪気が生じ、それを追い払う為に「鬼は外福は内」と豆を撒くことは、子供の頃から知っての通りです。

節分当日の夕暮れ、柊の枝に鰯の頭を刺したもの(柊鰯)を戸口に立てて置くことも、
古くは平安時代からの名残りのようです。
鰯の匂いにつられて顔を近づけた鬼の目に柊の葉が刺さり逃げて行く、といった仕掛けになっているようですが、
手入れをする職人にも優しくない木であります。

錦松は樹皮がゴツゴツと岩の鎧をまとったような幹をしており、なんとも力強く、凄みがあります。
昔、四国地方の黒松を山から取り出していた中にまぎれて出てきたものが最初と言われています。
極めて稀少で成長も遅いため、接ぎ木法という技術を使い多くの産出に成功したものです。
名前からも、錦を飾るといって縁起が良いですね。

中国、朝鮮半島原産のサンシュユ、その名前は中国名の「山茱萸」を音読みしたものです。
別名で 「春黄金花(はるこがねばな)」と言い
”木全体が早春の光を浴びて黄金色に輝く”様を表しています。

春の到来は全ての生き物にとって待ち望んでいたものでしょう。
草木も動物もそして人間も。

春は名のみと言いますが、それでも僅かなしるしを見つけて感じるのもこの季節です。


銀座雨竹庵

0 件のコメント:

コメントを投稿