2018年3月6日火曜日

盆栽が新しくなりました。





五葉松 樹齢約60年
春蘭 (シュンラン)
木瓜  樹齢約40年


3月3日は桃の節句、ひな祭りです。
女の子の幸せを願って雛人形を飾り、桃の花を飾ってお祝いする日です。
ここは桃の花を飾りたいところですが、そもそも旧暦の行事をそのまま現在の暦にあててしまっているので、
実際の事象とひと月ずれてしまっています。
本来、桃の花が咲き始めるのは4月の半ばからですので、代わりに木瓜を桃の花に見立てて飾りました。

春蘭は雑木林などの足元に自生する野生蘭で、春の3月頃、茂みの中から茎を伸ばして花を咲かせます。
江戸時代の頃から盛んに愛培されてきた古典園芸植物であり、
現在も愛好家の間で珍種や奇形種が高値で取り引きされています。

寒い中でも常盤の緑を保つ松は、日本人の持つ精神性や信仰心の象徴となってきました。
中でも五葉松は黒松や赤松に比べ葉が短く凛としていて、葉組みが綺麗にまとまり、
松の中では千両役者ばりに絵になる姿をしています。

だいぶ暖かくなってきましたが、まだ寒の戻りもあるようです。
春の花々も次第に咲き始めますが、うっかり出てしまった葉芽が寒さにやけてしまうこともあるくらいですので、
人間も気をつけましょう。


銀座雨竹庵


0 件のコメント:

コメントを投稿