2018年4月23日月曜日

盆栽が新しくなりました




 上から

イタヤモミジ 樹齢約25年
ナルコユリ
真柏             樹齢約60年


4月20日で穀雨を迎え、春の雨が田畑を潤し、穀物の成長を助ける恵みの雨となる頃です。

山の渓流の側などに見られるイタヤモミジは大きな葉が空を覆う様子を、
板葺きの屋根に見立ててイタヤと名付けられたようです。
開いたばかりの赤ちゃんの手のような葉は、太陽の光が透けるようでとても清涼感のある姿です。
秋には紅葉も見せてくれます。

本州から九州の山林や草原に生えるナルコユリは瑞々しい青葉に白い斑が入り、春を讃えスズランのような花を見せています。「鳴子」という鳥を追い払うために縄に竹筒を吊り下げて音を出す仕掛けに見立てて、
ナルコユリと名付けられたようです。

真柏は深い山の崖のような場所でも生きるたくましい生命力をもっています。
雷や突風に打ち倒され、舎利といわれる骨のような木の芯の部分が現われ、それでも生き続ける力があり、
舎利はまるで彫刻されたアートのようでもあります。

春深し、次の節気は立夏となり春の終わりを意味します。
梅雨がきて日本のむし暑い夏を前に、ゆく春を惜しむ。
朧月に春のなごりを感じるこの頃です。


銀座雨竹庵



0 件のコメント:

コメントを投稿