2018年5月18日金曜日

盆栽が新しくなりました





皐月(大盃) 樹齢約50年
アヤメ
桧  樹齢約30年

5月21日で小満をむかえ大地の気が満ちてゆきます。
山の木々はすっかり緑が繁茂し、植物も動物も花を咲かせ、子をつくり、命の輝きを見せてくれます。

サツキが鮮やかな花を咲かせました。
ツツジの仲間であるサツキは古く旧暦の五月を皐月と言い(現在での6月)、
他のツツジ類に比べ皐月の頃に遅れて咲いてくることでサツキツツジと呼ばれました。
花形良く小葉で幹もきれいで尚且つ丈夫であることから、交配され様々な品種が発表され人気を博しています。

菖蒲は北海道から九州まで分布し、各地の公園や菖蒲園で見頃を迎えています。
「いずれは菖蒲か杜若」と似ていてどちらも美しいことをいいますが、昔から人々に親しまれてます。
桧の歴史は古く、弥生時代から桧の材木は随一とされ、神社仏閣の多くにヒノキ材が使われています。
神殿の柱になる太く立派なヒノキを求めて各地を探し周ったようです。

芒種をむかえると梅雨入りが迫る頃です。
桧林が雨にけむる風景を想像してみると日本の梅雨の景色のひとつとも言えるでしょう。

五月雨、皐月晴れとどちらも旧暦の5月を言い、現代の暦では6月の梅雨どきの空模様を表しています。
サツキが咲き終わる頃には梅雨入りが近いのでしょう。
今は爽やかな初夏の陽気を楽しむのが一番です。

銀座雨竹庵

2018年5月7日月曜日

盆栽が新しくなりました









真柏 樹齢約60年
日光キスゲ
イボタ  樹齢約45年

5月5日は24節気のうち夏の第一節気"立夏"となります。
そして五節句のひとつ"端午の節句"でもあります。
ゴールデンウイークの中に埋もれてしまいがちですが、大事な季節の節目です。

いぼたは北海道から九州までの林や山間に生きる樹です。
モクセイ科でライラックなどの仲間ですから、良い香りがします。
また、この樹につくイボタロウムシから日本刀の手入れに使う蝋が採れることから、
武家屋敷の庭にはいぼたが植えられていたようです。
お侍さんもきっと庭先のいぼたの花を愛でていたのでしょう。

日光きすげも少し前に芽を出したと思っていたのに、もう花芽を沢山つけて咲き出そうとしています。
鮮やかな黄色は目を奪われますが、1日花で萎んでしまいます。
各地に自生していますが、日光の霧降高原の群生は実に見事です。
深い山奥、樹海の森のような雰囲気を感じる真柏の根連なり盆栽です。
厳しい環境に耐え抜く真柏も陽気が良くなり葉を茂らせてゆきます。
太陽の光を浴びて水をたっぷり吸い上げて力を貯めています。

初夏の若葉の輝き、通る風の爽やかさ。
やがてくる梅雨の前に沢山日を浴びて、深呼吸してこのつかの間の快適な心地を楽しみましょう。


銀座雨竹庵