2018年7月13日金曜日

店内の盆栽が新しくなりました






      ツリバナマユミ 樹齢約15年
      リョウブ       樹齢約6年
      イチョウ       樹齢約40年
      風知草とミソハギ
      桧             樹齢約50年


7月23日で24節気の大暑をむかえ、暑さの極みとなります。人も動物も植物もここを乗り切るために、活動を控えてじっと息を殺して耐え忍ぶようです。

吊花まゆみは名の通り、実が吊り下がっています。
この実はこれから徐々にピンク色に色づいていき、秋深まる頃くす玉が割れるようにぱっと開いて中の赤い種子を見せてくれます。今はまだ青実ですが、風で揺すられる姿は見ていてとても涼やかです。

リョウブは北海道南部から九州にかけて自生する落葉性の小高木です。
初夏〜夏にかけて白い小花を穂状に咲かせます。古木になると幹の表皮が剥がれて表れる滑らかな幹肌は美しく、床柱などに使われる良い材になるのだそうです。
また、芽吹いたばかりの新葉はアクがなく食用として、天ぷらやご飯に混ぜてリョウブ飯として食べられるとのこと。

イチョウは中国原産の裸子植物。街路樹や公園など全国で普通に見かける樹木ですが、分類上は特殊な樹木です。
世界古来の樹木で一度氷河期にほぼ絶滅し、現在のイチョウは生きる化石と言われています。
そんな存在がこんな身近にあることに気づいている人は少ないかも知れませんが、イチョウはただ平然と青葉をたたえています。
夏に涼を呼ぶ草物の定番といえる風知草とミソハギの混成です。
ミソハギを漢字で書くと「禊萩」といって、禊に使われる萩に似た花を咲かせることからきており、お盆飾りによく使われています。お盆の時期に長い間ゆっくり咲いてゆくミソハギは、田んぼの畦や湿地帯などの日当たりのよい水辺を好む、多年草です。

桧の歴史は古く、弥生時代から桧の材木は随一とされ、神社仏閣の多くにヒノキ材が使われています。
よって桧の人工林は各地に多く点在しており、里山の原風景を感じられます。
田舎へ帰ったおり、涼やかな冷気が漂う暗い桧林は少し近寄りがたい雰囲気を感じたものです。

暑さの盛り、炎天とは大げさでなく、ここのところの気象は異常に感じられます。
日焼けは人だけでなく植物にも被害が出ます。秋の紅葉のためにもほどほどにしていただきたいものです。



銀座雨竹庵






0 件のコメント:

コメントを投稿