2018年9月14日金曜日

店内の盆栽が新しくなりました








真弓(マユミ) 樹齢約20年
紅茅萱(ベニチガヤ)
五葉松(ゴヨウマツ)  樹齢約60年
風知草(フウチソウ)
金四手(カナシデ)  樹齢約30年

9月8日の白露を過ぎて次第に秋らしくなってきたようです。
特に朝晩は寒さを感じるようになりました。野山の植物たちも敏感に反応しているようです。

マユミの実も少しずつ色づきはじめ、ポンと割れるのも遠くはないでしょう。
沖縄を除く日本全国の山地に自生し、古くから庭木や盆栽として親しまれてきました。材質が強い上によくしなる為、古来より弓の材料として知られ名前の由来になっています。

チガヤは、日本全土の日当たりの良い原野や山地に群生し、晩春のころ白色の円柱状の花穂が美しく目立つ多年草ですが、ベニチガヤはその園芸種です。
葉先や葉鞘が鮮明な赤紫色で美しいことから愛好家に好まれています。

五葉松は5月頃から新芽が成長し、夏の間たっぷり陽の光を浴びて、秋の彼岸が近づく頃あたりでようやく新葉がしっかりとしてきました。
五葉松は読んで字の如く、ひとつの芽から針葉が5つ出るもので、他の松類と分ける特徴といえます。
葉が細かいことで樹をより大きく見せるとともに、棚といわれる葉組みが作り易く、盆栽として理想の形を求められる。
いわゆる盆栽の王道を行く素材といえます。

風を知る草とはとても良い名前です。
別名はウラハグサといって、元からねじれて裏がえっているように見えるという特徴があります。
風知草も秋を迎えて穂を出し、風に吹かれています。

シデ「四手」とは神社の玉串や注連縄に付ける紙で作った飾りのことで、果実につく葉状の果苞の形が似ていることからその名前が付けられました。
シデの同属がいくつかある中でカナシデは、葉に整然と刻まれた葉脈と、白く光る幹が魅力的な樹木です。
幹が金属のように光るように見えることから、カナシデといわれたようです。
秋には葉が鮮やかな黄色に色づきます。

2018年9月3日月曜日

店内の盆栽が新しくなりました








山査子(サンザシ) 樹齢約35年
箱根菊 
アメリカ蔦
小判草(コバンソウ)
真柏(シンパク)  樹齢約50年

9月8日で24節気の白露となります。ようやく秋の気配が感じられるようになります。
昨今はまだまだ9月に入っても残暑がぶり返すこともありますが、ともあれ秋の夜長を楽しめる頃です。

山査子の実も少しずつ色づいてきました。秋深まれば真っ赤に色づきます。
中国原産の山査子は古くに薬用植物として持ち込まれたことが最初のようです。
現在でも美容や健康に良いとしてドリンクやドライフルーツにして食されています。

箱根菊は箱根を中心に富士火山帯の山地に多く自生する日本固有種の菊で、正式にはミヤマノコンギクといいます。
山地の林や草原の中で群生して咲く姿はとても美しいものです。

アメリカ蔦はアメリカ、メキシコの原産でたいへん丈夫で成長の早いツタです。
猛烈な生命力で他の木や壁をつたってどんどん伸びてゆきます。
青葉も瑞々しくて良いですが、これからの秋の紅葉も見事です。

小判草は穂を沢山だして、豊穣の秋を演出しています。とは言っても実はこれニセコバンソウ。
アメリカ原産のワイルドオーツといわれる種類です。コバンソウよりずっと丈夫で手間いらず、毎年ちゃんと穂を出してくれます。

真柏は深い山の崖のような場所でも生きるたくましい生命力をもっています。
雷や突風に打ち倒され、舎利といわれる骨のような木の芯の部分が現われながらも捻転し枝葉を伸ばしています。
深山の清らかな空気を纏い、原生のままの荒々しくも気高い姿はそこにあるだけでまわりの空気がピリリとひき締まるようです。