2018年9月14日金曜日

店内の盆栽が新しくなりました








真弓(マユミ) 樹齢約20年
紅茅萱(ベニチガヤ)
五葉松(ゴヨウマツ)  樹齢約60年
風知草(フウチソウ)
金四手(カナシデ)  樹齢約30年

9月8日の白露を過ぎて次第に秋らしくなってきたようです。
特に朝晩は寒さを感じるようになりました。野山の植物たちも敏感に反応しているようです。

マユミの実も少しずつ色づきはじめ、ポンと割れるのも遠くはないでしょう。
沖縄を除く日本全国の山地に自生し、古くから庭木や盆栽として親しまれてきました。材質が強い上によくしなる為、古来より弓の材料として知られ名前の由来になっています。

チガヤは、日本全土の日当たりの良い原野や山地に群生し、晩春のころ白色の円柱状の花穂が美しく目立つ多年草ですが、ベニチガヤはその園芸種です。
葉先や葉鞘が鮮明な赤紫色で美しいことから愛好家に好まれています。

五葉松は5月頃から新芽が成長し、夏の間たっぷり陽の光を浴びて、秋の彼岸が近づく頃あたりでようやく新葉がしっかりとしてきました。
五葉松は読んで字の如く、ひとつの芽から針葉が5つ出るもので、他の松類と分ける特徴といえます。
葉が細かいことで樹をより大きく見せるとともに、棚といわれる葉組みが作り易く、盆栽として理想の形を求められる。
いわゆる盆栽の王道を行く素材といえます。

風を知る草とはとても良い名前です。
別名はウラハグサといって、元からねじれて裏がえっているように見えるという特徴があります。
風知草も秋を迎えて穂を出し、風に吹かれています。

シデ「四手」とは神社の玉串や注連縄に付ける紙で作った飾りのことで、果実につく葉状の果苞の形が似ていることからその名前が付けられました。
シデの同属がいくつかある中でカナシデは、葉に整然と刻まれた葉脈と、白く光る幹が魅力的な樹木です。
幹が金属のように光るように見えることから、カナシデといわれたようです。
秋には葉が鮮やかな黄色に色づきます。

0 件のコメント:

コメントを投稿