2018年12月13日木曜日

盆栽が新しくなりました








    寒椿(カンツバキ) 樹齢約50年
    藪柑子(ヤブコウジ)
    西洋鎌柄(セイヨウカマツカ)  樹齢約20年
    黄金羊歯(コガネシダ)
    真柏(シンパク)  樹齢約100年

12月22日は24節気の冬至となります。日照時間が最も短くなる日、つまり太陽の力が一番弱まる日です。
この日を境にまた日照時間が長くなり始めることから、「一陽来復」といって太陽が力をよみがえらせる日とされ、
陰から陽へと運気が上昇する起点とされています。

冬の間華やかな花を咲かせる寒椿。椿と山茶花の交雑種といわれています。
冬の寒く寂しい季節の中、美しく彩ってくれます。
とても丈夫で管理もしやすいことから、公園や道路脇の緑化、庭の生け垣などに使われています。

『万葉集』にも山橘(ヤマタチバナ)の名で詠まれたヤブコウジは、古くから日本人に愛されてきた植物です。
葉や実がコウジ(柑子)に似ていること、山地の藪の中に生えることからヤブコウジと名付けられたようです。
色の少ない季節に赤い実がとても鮮やかに映えます。

西洋カマツカは北アメリカ原産で英名レッドチョークベリー。
日本のカマツカに似ていることから西洋カマツカと名付けられたようです。
丈夫で実つきもよく、紅葉もきれいで今や秋の実物盆栽に重用されるひとつといえます。
チョークベリーのチョークは窒息するという意。
息も詰まるほど渋い実は滅多に鳥も食べないようで、冬まで楽しめます。

黄金シダは黄色から赤に染まって正に黄金色に見えるようです。
夏場の綺麗な緑は涼を演出してくれて、園芸、盆栽の世界ではポピュラーなものです。
山林の木元や岩壁などに自生が見られることがありますが、
マニアの採取や環境変化などで自然界では少なくなっているようです。

真柏は深い山の崖のような場所でも生きるたくましい生命力をもっています。
雷や突風に打ち倒され、舎利といわれる骨のような木の芯の部分が現われながらも捻転し枝葉を伸ばしています。
舎利はまるで彫刻されたアートのようでもあります。
これから厳しい冬の間、押しつぶされるほどの雪にみまわれる真柏はただひたすら春を待つのでしょう。




銀座雨竹庵



2018年12月3日月曜日

店内の盆栽が新しくなりました








上から
        美男葛(ビナンカズラ) 樹齢約40年
        石菖(セキショウ)
        姫柿(ヒメガキ)  樹齢約35年 
        黄金羊歯(コガネシダ)
        五葉松(ゴヨウマツ)  樹齢約60年


12月7日で24節気の大雪となります。寒さが日に日に厳しくなり、
山々だけでなく平地にも雪が降り出す頃となります。
いよいよ冬本番というところでしょうか。

美男葛はまるで木いちごが大きくなったような真っ赤な実を見せています。
実自体は苦味があり漢方として利用されるようです。
昔、蔓から粘液を採り整髪料に使っていたことから、この名になったそうです。
別名に実葛(サネカズラ)とも言われます。

石菖は常緑の多年生植物で本州以南の山野の水辺に自生しています。
冬の間も緑を保ち、斑が入ってとても鮮やかです。
鑑賞用の他、根や葉を漢方薬として使われています。
菖蒲と同属で『石菖蒲』を省略して石菖と呼ばれるようになったようです。

姫柿は柿のミニチュアのような可愛らしい実が色づき楽しませてくれています。
落葉後は実が際立ち冬の姿として観れるのも良いところです。
昔中国から持ち込まれたもので、柿渋を採取するためと、鑑賞用として渡来したようです。
渋が強いのと、果肉より種の占める割合が多いので、食用には向きません。
実持ちがよく、年明けまでついていることもあり長く楽しめます。

黄金シダは黄色から赤に染まって正に黄金色に見えるようです。
夏場の綺麗な緑は涼を演出してくれて、園芸、盆栽の世界ではポピュラーなものです。
山林の木元や岩壁などに自生が見られることがありますが、
マニアの採取や環境変化などで自然界では少なくなっているようです。

五葉松も冷気にあたりさらに凛としてきたようです。
五葉松は読んで字の如く、ひとつの芽から針葉が5つ出るもので、
他の松類と分ける特徴といえます。
葉が細かいことで樹をより大きく見せるとともに、
棚といわれる葉組みが作り易く、盆栽として理想の形を求められます。



銀座雨竹庵